YDMとは?

- 「いつでも、どこでも、だれでも」 学べる言語(日本語・英語・中国語)教育システム -

理念

YDMは、だれにでも手の届く言語教育を通して、 より深い国際交流と相互理解の促進を図り、
特定の国を選ばない言語・文化・技術の総合教育を目指します。

概要

YDMは、横山信子の10数年に及ぶ言語教育の実践と研究を基に開発された、対象言語を対象言語(日本語なら日本語)で直接教える教授法、「横山式ダイレクトメソッド」(Yokoyama Direct Method)です。

YDMは、言語学習者にとって、より短期間に、より効果的に会話力が習得でき、かつ、文化と習慣が理解できるよう構築された言語教育システムです。

特徴

YDMは、その理論に添って開発されたテキストと副教材により、日本語だけではなく他の言語教育への応用も可能で、これまで英語と中国語でも成果を収めています。

YDMなら、6才程度の年齢から、性別、経験に関係なく、だれでも無理なく、効率的に外国語が習得できます。


レッスン

レッスンは、見て、きいて、答える、対話形式の文型練習を軸としています。

基本文型と文法が自然な会話練習から体系的に身に付くようにプログラム化されています。

レッスンごとに「導入」(Presentation)、「定着」(Practice)、「復習」(Review)のステップを踏んで進むので、講師と学習者がどの時点でも的確に理解度、習得度を判断できます。

テキスト

テキストには随所にイラストが描かれ、習得目標の文型、語彙を視覚的かつ明確に示します。

テキストの登場人物の会話と生活描写の中に、文化や習慣が盛り込まれ、対象となる言語圏に対する総合的な理解を促します。

イラストと文章は、肯定形、否定形、新しい単語などが一目で分かるように、テキストを通して体系的にレイアウトされています。

≫詳しくはYDM Language International Inc.のホームページをご覧下さい

YDM紹介資料は、ここからダウンロードできます。

一般社団法人YDM語学文化教育協会は、ここからダウンロードできます。